新年の挨拶として年賀状を出すことが多いですが、宛名書きで失敗していませんか?

失敗していたとしても、それを指摘する人はいませんので、わからなですよね。

そこで新年早々恥ずかしい思いをしないためにも、年賀状の宛名書きのマナーについて確認しましょう。

宛名書きの基本

まず大前提として、宛名は縦書きでも横書きでもどちらでも問題ありません。ただし横書きは多少フランクな印象を与えますので、友人や親しい親戚だけにしておくほうがよいです。

縦書きにすべきなのは、目上の人(恩師、上司、先輩)や会社関係の方に出す場合です。

これも基本ですが、宛名書きを縦書きにしたのであれば裏面の本文も縦書きにしましょう。

宛名が縦書き、裏面の本文は横書きというようにチグハグになってはいけません。

連名の書き方

家族ぐるみの付き合いがある場合、その家族に対して年賀状の出す場合がありますが、その場合は連名とした方が良いのでしょうか。

これに関しては正解はなく、連名でも世帯主さんだけでも問題はありません。ただ、連名で年賀状を受け取った場合、自分の名前があるとうれしいですよね。

そういう観点で連名にするか、世帯主だけにするかを決めてください。

連名で記載する場合は、縦書きの場合は世帯主が一番右、順に妻、子供と記載し、子供たちに対する敬称は「君」や「ちゃん」をつけます。苗字は世帯主の上にだけ記載してください。

このように年賀状の宛名の書き方は非常に簡単ですので、間違えないようにしましょう。

書き方にルールはありますが、親しい友人や親戚であれば多少間違っていても大丈夫かなと思います。心をこめて新年の挨拶をするほうが大事ではないでしょうか。

なお、年賀状は自分で手書きをするのがベストですが、最近は年賀状宛名書きサービスというのがあり、筆耕士が毛筆で宛名書きをしてくれるサービスがあるので、字を書くのが苦手な人は、このようなサービスを利用するのも手です。
http://xn--w8j298h0ffk5cr5oiwrg56b.com/