良質な安い税理士を見つけるのは容易ではない

以前の会計事務所に支払う顧問料は最低でも3万円以上かかるのが一般的ですが、広告規制が撤廃してからは比較的低額な顧問料を提示する先生も増えてきて、徐々に税理士 安いというイメージが世間一般でも定着しつつあるようです。

しかし、ここで気を付けなければいけないのが単純に価格が安い税理士を選ぶと安かろう悪かろうになる可能性があるという点です。ですので、税理士報酬の金額を重要視する場合には、きちんと提供されるサービス内容を確認してから顧問契約を結ぶようにしましょう。

具体的に確認すべきサービス内容は、どのような人が担当してくれるのか、訪問頻度はどの位か(毎月か年に1度か)、随時相談に乗ってくれるのか(その場合に相談料金は発生するのか)などです。

このように、サービス内容が良く安い税理士を選ぶのがベストですが、ホームページを見ただけでは判断できないので、ある程度目星をつけたら極力面談をして細かい部分まで契約内容を確認しましょう。